shopping_bag カート
カテゴリー
つくりてから探す
コンテンツ

みやざき農園 米

みやざき農園 米

みやざき農園の「特別栽培米」は、

化学肥料に頼らない自然界の力を活かした有機肥料100%のお米です。

豊かな土壌で作られたお米は、もっちりふっくら炊き上がると人気です。

この機会にぜひ、ご賞味ください。



つくりてみやざき農園01


つくりてみやざき農園02


有機肥料が美味しさの要

みやざき農園の有機肥料は、オリジナルで成形した鶏糞を使用。
その肥料は、遠く鹿児島から仕入れています。

有機肥料の役割は大きく分けて3つ。

それは、土づくり・苗の成長・穂を大きくすることです。

・前年の秋には、土づくりのために
・春には、田植え前に苗を成長させるために
・夏には穂を大きくするために

季節に応じて細やかに肥料をやり、成長を見守り続けることで
最高のお米に仕上がります。



つくりてみやざき農園03


手間を惜しまない 有機肥料の“撒き方”

温暖化がお米の質に影響を与えるなか、
みやざき農園では安心した品質と安定した量、高い食味のお米づくりを実現しています。

最高品質の理由、それは、肥料の撒き方にあります。



つくりてみやざき農園04


近年は、農家の負担を減らすため
肥料撒きの回数を1回に減らすよう肥料改良が進んでいます。
ですが、効率化をはかることができる一方、気候変動により質が安定しない課題があります。

そこで、みやざき農園では、稲が栄養を必要としているタイミングで肥料を撒く
「分施(ぶんせ)」という方法を取り入れています。




つくりてみやざき農園05


作物が栄養をほしい時期に、必要な栄養素と必要な量を撒くことで
1粒1粒がしっかりとした均一で高品質な美味しいお米に仕上がります。



つくりてみやざき農園06


つくりてみやざき農園07


分施は、肥料を入れた30圓竜ヽを肩に担ぎ、
田んぼの中を歩いて撒きます。

敷地は20町(東京ドーム約4.2個分)。
この面積をたった2人で行います。

収穫までにこの作業を2〜5回繰り返すことで
安定した量、高い食味の米づくりを実現しています。



みやざき農園からのメッセージ 美味しい米づくりへの想い


つくりてみやざき農園08


つくりてみやざき農園09


父の代から続けてきた分施(ぶんせ)という肥料の撒き方。
暑い時期のぬかるんだ
田んぼの中での作業は決して楽ではありません。
でも、楽なやり方はいつでもできる。
“お米へのメリットを考え続けたい”そう思っています。

より身近な食材だからこそ、より丁寧に。

「うまい」と思えるお米を
食卓にお届けできるよう
お米、一粒一粒に想いを込めて作っています。

ぜひ、お試しください。




みやざき農園がある 福井県坂井市をご紹介


福井県坂井市


坂井市は福井県の北部の坂井平野に位置し、九頭竜川・竹田川などが流れる福井県随一の穀倉地帯で、
”コシヒカリのふるさと”として有名です。(同市丸岡町はコシヒカリ開発者 石墨博士の故郷です)


坂井市の南部を九頭竜川が雄大に流れ、東部の森林地域を源流とする竹田川が清く豊かに北部を流れます。
2つの川が西部で合流し、美しい日本海に注ぎ込んでいます。


坂井市の中部には広大な坂井平野が広がり、稲作を中心として麦・大豆・そばを組み合わせた水田農業、
西部には坂井北部丘陵地や三里浜砂丘地が広がり園芸を中心とした農業が展開されています。


そんな豊かな自然環境に包まれた坂井市では、お米の他に、
若狭牛・甘えび・越前がに・花らっきょう・越前そば・油揚げ・越のルビー(ミディトマト)などの特産品に恵まれています。
ぜひ、福井県坂井市の特産品をご賞味ください。



5商品
expand_more