3分で読める ひとくちコラム 〜自然塩について〜

「精製塩と自然塩、どう違うの?」

「精製された塩と自然の塩、結局どちらを選べばいいの?」

みなさま、こんにちは。『福井のつくりてマルシェ おっけの』の木村です。

毎日の料理に欠かせないお塩。近年の健康志向により巷では、自然海塩や天日塩・岩塩・湖塩・藻塩・ハーブソルトなどが人気となっていますね。とはいえ、精製された塩と自然塩の違いってなんだろう。自然塩が身体に良い理由ってなんだろうと筆者自身、疑問に思いました。そこで、すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今回は精製された塩と自然塩について解説いたします。

精製された塩と自然の塩の大きな違いは「作り方」です。

精製塩とは、「食塩」として売られているお塩で、海水を電気分解(化学反応)して作られています。塩の固まりをなくすため、炭酸マグネシウムを混合しているのも特徴です。精製塩の成分は、99.5%以上が塩化ナトリウムでできているため、ほんの少し舐めるだけでしょっぱさや塩辛さを感じます。製造法が簡単で大量生産しやすいことから、わりと安く手に入れることができます。

自然塩とは、主に精製塩ではない塩のことで自然塩や天然塩と呼ばれています。自然塩や天然塩にはさまざまな種類があり、海水を煮詰めて作った釜焚き塩をはじめ、天日塩・岩塩・湖塩といったものがあります。自然塩の中には、塩化マグネシウムや硫酸カルシウムといったミネラルが含まれているものもあり、しょっぱさの中にまろやかさや甘みを感じます。精製塩より手間や時間がかかるため価格も高めです。

精製塩と自然塩以外にも、​​再製加工塩というものがあります。再製加工塩(再製自然塩)は、一度塩になったものに塩化マグネシウムを中心とした『にがり』を添加したものです。99.5%以上が塩化ナトリウムの精製塩に比べて、ミネラルバランスがとれた塩といわれています。精製塩と自然塩の中間的なお塩です。

健康面を考えたときに、おすすめはミネラルバランスが良いといわれている自然塩ですが、お塩の大きな役割といえば「料理を美味しく」することです。お塩を加えることで、素材本来の味を引き立たせてくれたり、料理の味を引き締めてくれたりします。自然塩の中には甘みや旨味はもちろん、ほんのり苦味を感じるものもあり、好みは人それぞれ。自分の舌でお塩を試食し、作る料理に合わせて選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

なお、精製塩・自然塩に関わらず、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。薄味に慣れても食べる量が多ければトータルで塩分の摂り過ぎになる場合もあるため、食べ過ぎにも注意が必要です。

「お塩にこだわると料理の味が変わる」といわれているほど、料理に欠かせないお塩。じつは使うタイミングもとても重要です。魚・肉・野菜など、素材の美味しさが引き立つお塩の使い方をご紹介いたします。お料理する際に、参考にしてみてくださいね。

●魚

生魚を焼く20分前にお塩をふると、内部の生臭みのある水分が抜けていつも以上に美味しく焼き上がります。

●肉

お肉を焼く直前にお塩をふりましょう。早くからお塩をふってしまうと、お肉の水分が抜けてしまい固くなってしまう原因に。

●野菜

野菜炒めは火を止める直前にお塩をふりましょう。炒めている最中にお塩をふってしまうと、野菜から水分が抜けて しなしなになってしまう場合があります。

素材の美味しさを引き出してくれる、ちょどいい塩加減やお塩を使うタイミングで美味しく健康な食生活を送りましょう。

おっけのでは、​​福井県福井市の越前海岸沿いにある志野製塩所の人気商品『百笑(ひゃくしょう)の塩』を販売しております。昔ながらの手法で 3日間ほどかけて丁寧に焚きあげて作るお塩は、天然ならではの素朴な旨みが際立つ逸品です。

まろやかな食味を感じられる百笑の塩はどんな料理にも合いますが、ステーキや天ぷらなどに ちょんちょんとつけて食べるのが特におすすめです。素材本来の旨味が引き立ち、箸が止まらない美味しさに。また、漬物・味噌を作るときやご近所さんへの手土産としてまとめ買いされる方も多くいらっしゃいます。

自然の恵が凝縮された塩本来の味を楽しめる『百笑の塩』を毎日のお料理に取り入れてみてはいかがでしょうか?
百笑の塩のご購入はこちらから>>